"Mediolanum" - Milano

ミラノ中心部にひっそりと残された古代ローマ遺跡

Certosa di San Martino -Napoli

ナポリ王国時代のバロック建築の教会

Giardino Bardini- Firenze

公園の高台に佇む古い貴族の屋敷

La Bibbia di Federico da Montefeltro - Urbino

ウルビーノ公フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロによって作製されたルネサンスの装飾写本

Chiesa della Gran Madre di Dio - Torino

キリストの聖杯が隠されていると言われる謎多き教会

テレビ放送のご案内

日本テレビ系列の朝の情報番組「スッキリ!!」
にてジョヴァンニ池袋店をご紹介頂きました。

タレントはるな愛さんと菊地亜美さんにお越しいただき羽ペンやハサミなどご紹介頂きました。

はるな愛さんには当店をお気に召して頂けたようで羽ペンセットをお買い上げ頂きました。

ご来店ありがとうございました。

Buona Pasqua Auguri Tutti!

復活祭の季節がやってきました。
ヨーロッパでは冬が終わり春の訪れを告げる節目の一つです。
春分の日のあとの最初の満月の次の日曜日が復活祭の日にちです。
その前の日曜日は「棕櫚の日曜日」と呼ばれこの1週間を聖週間と呼びます。
ちょうど今年は3/27(日)が復活祭にあたります。

さて復活祭はイタリアではパスクワPasquaと呼ばれます。また英語圏ではイースターEasterと呼ばれています。

初春の風景 〜トリノ〜



Buona Natale!

クリスマスの期間が今年もやってきました。
 12月8日の無原罪のマリアの日から準備して24日まではアドベント(待降節)期間、12月25日から1月6日公現祭までがクリスマスという期間です。
キリストが生まれた時の様子をミニチュアのジオラマにして飾る「プレセピオ」はカトリック圏の国々で一般的にこの期間中ずっと飾られます。


粘土細工と布でバロック彫刻のように重厚に仕上げたスペインの「ベレン」、オリジナルキャラクターやパスタ、さらにストーリーまで勝手に加えたナポリの「プレゼ

池袋店イベントのご案内 「ヨーロッパ ~蚤の市の屋台~」



店主たちの販売する品々。
それらすべては私に必要なものです。
使い古しの口紅、銅の器。木製ハンドルのナイフとフォーク。
フィルム、手仕事のもの。高貴なるもの。古い家屋の石のスラブ。
すべて幸福をもたらす品々です。
-ベルトルト・ブレヒト-


ヨーロッパでは週末になると人々はアンティークなオブジェを求めて市場へと向かいます。
壊れた時計、家具の部品、錆びた鍵など。。そんなヨーロッパの日常をイタリアから集めてみました。

陶器などの小物も全てビンテージアイテムで1点ものです!!


11月27日(金)〜29日(日) 池袋店店舗スペースにて
WACCA池袋イベント詳細

「ミゼリコルディア」

日本語では「憐れみ」と訳されることが多いこの単語は
イタリアでは「憐れみの聖母マリア教会」など教会の名前によく使われるようにキリスト教圏の言葉です。

ラテン語で「慈悲深いもの」を表現するときに使用する言葉です。 
写真は「剣』ですが「短剣」の中でも刃が幅広い「ダガー」や短い剣の「ショートソード」よりも細く普段から携帯するタイプのものを「スティレット」と呼びます。
鋭利な刃先は最後の「慈悲の一撃」をあたえることから「ミセリコルド」とも呼ばれてます。携帯性の高さから暗殺者にもよく用いられていました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ「アンギアーリの戦い」展

1504年、フィレンツェの議会の大広間に描かれた壁画「アンギアーリの戦い」。フィレンツェ共和国とミラノ大公国との戦争の勝利を祝って役所の大広間の壁面用にレオナルド・ダ・ヴィンチに発注されました。
反対側の壁には斜塔で有名なピサ共和国との戦勝記念絵画をミケランジェロに依頼しました。二人とも当時フィレンツェで一流の職人であり国力を周辺に誇示するのに最適でした。


しかしミケランジェロはローマ教皇庁からの仕事を優先し、